ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
アニー・ローリーとアルゼンチンババア (=^・^=)
春巻きさん の書下ろし長編小説『騎士団長殺し』に出てくるスコットランドの代表的な民謡
『アニー・ローリー』がこのところ脳裏から離れない紅緒ままです。

スコットランド中に知られた美人さんだった貴族の娘アニー・ローリーへの切ない恋心を唄った曲。

『騎士団長殺し』の次は女性作家の本です
生徒さんが『ランチのアッコちゃん』『すみれ』などなど7冊ほど貸してくださいました。
その内、4冊ほど読了していちばんのお気に入りはよしもとばななさんの『アルゼンチンババア』20121111171311.jpg

「ままぁ、すごいタイトルじゃない?」

ほんとね
物語の最後に語り部である主人公の女の子にアルゼンチンババアことユリさんが話します。

「どうして人が遺跡を作るのか知ってる?」

「好きな人がいつまでも、死なないで、いつまでも今日が続いてほしいって、そう思ったのよ」
その祈りは永遠に人間が持つはかないものなの・・・そしてきっとはるか上の方から見たらネックレスみたいにきらきらと輝いて、神さえもうらやませひきつけるほどの美しい光の粒なのよ・・・

『好きな人』は『愛する猫ちゃんわんちゃんに換えても・・・

M&P の新しい写真が 撮れてなくてすみません。
「僕たちはままが写真撮ってくれない日もかわいいですはぁ
寝ます!

お姉ちゃんはネズ君をひっくり返してますね
アニーさん?

次は『株式会社ネバーラ北関東支社』を読もうかな?

【アルゼンチンババア・追記
よしもとばななさんの『アルゼンチンババア』は単行本の方には英訳もあるとウィキで調べて判明。
これはぜひとも読まなくてはいけません ⇒善は急げでアマゾンで早速注文でした
「ままぁ、そうやって片づけても片づけても本は増えていくんだね
スポンサーサイト
page top
焼きカツオ?ちゅ~る一筋 (=^・^=)
週刊新潮の山本富士子さんとちびしょーまさんのじーちゃんの対談記事です
1フィギュア一筋
宇野画伯 しょーまに似ているそうです。ただいま89歳。しょーまの70年後はこんな感じなのかな。
ご自分の小さなときの方がしょーまよりかわいかったそうです 

今週の3冊 
「フィギュア一筋」から連想して借りたかつてのNHKラジオ英会話講師、東後勝明先生のご本と。
もう一冊は和田誠さんのイラストも楽しみな丸谷才一さんのエッセイ。丸谷さんの歴史的かなづかひも良いですね。
2今週の3冊

しょーまのフィギュア一筋に打ち込む姿にはほだされます。東後先生の英語ひとすじに歩まれた道もすんごい。
なかなか凡人は『ひとすじ』ってむるかしいれすよね 私も無理無理

丸谷さんの方はA~Zまでそれぞれのアルファベットで始まる言葉に関してのエッセイ
Aはactress(女優)なんですがそこに出てくるのが杉村春子、(初代)水谷八重子、山田五十鈴。
室町生まれでも紅緒ままより若い人にはピンと来ないんじゃないかな、このお三方。

「あたちは焼きカツオ かちゅ~るひとすじにしよっかな
3カツオ一筋

ぴっち坊さんはグルーミングですか?
4僕もお気に入り

「しんごちゃんの妹のアメちゃんもお気に入りのクッション、居心地良いよ
5寝ちゃうよ

目先 にはいたずらっ子くんがいます。
6目先に茶白っ子

みなさん、良い週末を
page top
『カンパラに吹く風』 エツ子しゃんのご本らよ♪
「あのね、あたちを保護してくれたみゆきお姉ちゃんのお友だちのエツ子しゃんがご本 書かれたんだよ。」
カンパラに吹く風 
『カンパラに吹く風には 著者の(上別府)エツ子さんがウガンダの首都カンパラで過ごされた4年半の日々がつづられています
現在、ふるさとの(鹿児島県)東串良町に住むエツ子さんがお仕事でカンパラに滞在されたのは1989年から1993年のころ。
20年余りを経た今だからこそ伝えたいアフリカでの日々・・・が物語られています。

定価(本体1,200円+税)

【本のお問い合わせ先
①ジュンク堂書店鹿児島店  099-216-8838

②月の舟書房  099-295-3816

③文学サロン『月の舟』 のメルアドからだと送料無料のようです。
    mokka@po4.synapse.ne.jp

「とっても読みやすくって面白いんらよ ぜひ、読んでね



まっ黒お嬢ちゃん(ほんとはおばちゃん←内緒) はストーブ前です。
「はぁ、ぬっくい
背中で訴える? 


良い子っぽく(?)お写りのぴっち家来さん
かわいい僕たん 


「良い子は眠いよ」 いたずらっ子は眠いそうです。
眠い・・・ 


にゃにかに引いてる(?)まーちゃん「あんね、鳥さんが飛び立ったんらよ
にゃにかびっくり? 

さてさて海渡どん三連発です。パシャパシャパシャ
14219973650.jpeg


14219974240.jpeg

「みにゃさんのご要望にお応えして僕のお顔です
14219973850.jpeg

この後も悠然と鴨池1丁目の警備をされた竹輪しっぽのオレンジ警備員さんです

page top
J.K.Rowling さんってRobert Galbraith どん?
「ままにブラッシングの催促にきたんだよ
ブラシに来ました!


ハリポタシリーズ
 の著者J.K.RowlingがRobert Galbraith どんと男性名で書いた二冊目の犯罪小説『The Silkworm』 です。
ボスから借りたよ
鴨池のボスからお借りして読んでいます。面白いですよ

横文字(←当たり前)の登場人物いっぱいだと、誰が誰だかわかんなくにゃる
登場人物いっぱいだかんね
・・・と言う事で本の裏表紙の裏側に主要登場人物のお名前ずらり。
先に読まれたボスの字です。

読書の秋だし、横文字ばかり読んでると日本語に飢え渇いてきます。
日本語はこの3冊で
心の糧 ですね。
日本の名随筆『江戸』には永井荷風や幸田露伴のエッセイも入っています。まん中の安岡章太郎さん。
紅緒ままが高校生のころかな?芥川賞の選考委員をなさっていたにゃ。あの頃の選考委員だった作家の方々・・吉行淳之介さん、遠藤周作さんなどなど、第三の新人と呼ばれた方々、今はみなさん故人となられていますね
「ままぁ、『江戸』って室町の前?後?」

「みゅ~僕もお姉ちゃんも平成の子だよ
みゅ~

「あっこちゃんとあたちどっちが目ヂカラある?
目ヂカラのあるあたち

あっこちゃん(鈴木明子さん)も室町(昭和)生まれでした大ちゃんもね
そうそう、水曜日のBSプレミアム では長ーいこと観たかった古ーいフランス映画『天井桟敷の人々』を見ることができましたひやっほうNHKさん、ありがとう これからも真面目に受信料 払うかんね。どうぞ番組作りも真面目にしてね

ところでみにゃさん最近、試した美味しいレシピありますか?
紅緒ままはしばシマイさんお勧めのナス丼にはまりました 簡単で美味しいです
片栗粉をまぶした輪切りのナスを油でこんがり炒めて甘辛く味付け。温泉玉子と一緒に丼にします。
一応レシピはここをクリックね

【追記
一枚目の写真に写ってる消しゴム、今朝はありません 予備の消しゴムも・・・きっときっとぴっち家来さんが咥えてどこかへ運ばれたのでしょう。朝からソファを動かしたり消しゴムさん、探索中です サインペンやらボールペン、消しゴム以外で最近見かけなかったものが出て来ます
page top
ままのボスのお姉さまのご本らよ♪
「雨 が降ってんね とまー王女さま です。
雨降ってるね


3年ほど前にご病気で亡くなられた我がボスのお姉さまのご本 が出版されました。
ボスのご本だよ
イタリアの教育研究者 だったお姉さまのお仕事をお姉さまのお弟子さんと我がボスがまとめられました。

この世では有限の命しか持たない私たち、才能に恵まれた方々は作品を残すこともできますが・・・
それでも人生は儚いのですよね。
せめて、今を精いっぱい生きましょう (↑ にゃんか本の横に黒い子が )

「夏 は猫草も成長が早いね。」 二度目の夏を迎えるぴっち家来さん
夏ってすぐ大きくなるね

「ねぇ、お日さまは~?」 まだ梅雨だからね~しょうがないのよ
お日さまは??
© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG