FC2ブログ
ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
イラクサのスープって何ら?
「ままってすっとこどっこいでしょ その上にねぇ、っていうかすっとこどっこいだからね、勘違い、思い違いも多いんだよ。呆れないでね
ままってすっとこどっこいの上に・・ 

先日、仕事で読んだ大学受験問題の英文に「Nettle Soup」なるものが出てきました。
検索して出てきた画像がこちら ↓ イラクサのスープ、美味しそうですね
イラクサスープ 
青物大好き な紅緒ままの好みって感じです。
私は未体験ですが、みなさんは召し上がった事ありますか?


こちらがスープの材料のイラクサ・・・なんだか青じそに見え まする。
トゲがあって触れると痒くなるけど、食用&薬用に使われているそうです。
イラクサ 


でもね・・恥ずかしいのれすが、告白しちゃうと「イラクサ」って聞いて(読んで
紅緒ままの頭に浮かんだのはこちら↓
紅緒ままのイメージ 
笑われてる、逃げろっ

多分・・ この10代後半に読んだ萩原葉子さんの自伝的小説のイメージなのかな?
ということで紅緒ままの勘違いは先日のフレンチポップス 『あなたのとりこ』と同じく、数十年ものでした。


萩原葉子 

《内容のご紹介》
著名な詩人である洋之介の長女に生まれた嫩は、八歳の時母が男と去り、知能障害の妹と父の実家で、祖母の虐待を受けつつ成長した。家庭的不幸の“救いようのない陥穽”。親族は身心憔悴の「私」の除籍を死の床の父に迫る。『父・萩原朔太郎』で文壇的出発をした著者が、青春の日の孤独と挫折の暗部を凄絶な苦闘の果てに毅然と描き切った自伝的長篇小説。

主人公がイバラのような過酷な環境にいるので紅緒ままの中でイバラ=イラクサになっちゃったのかも
密着良いれす 
暑くても熱くても私に密着してくる、まーちゃん が可愛くて仕方がありません
なんだかこのまーちゃんを見ていたら つちのことかナマコを思い出しちゃいました。

「あっ、ままね、前ね、おすし屋さんで『たけのこ』って書いてあるの『つちのこ』って読み間違ったんだよそんなのメニューに出るわけないよね。」
スポンサーサイト



© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG