FC2ブログ
ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
知覧特攻平和会館へ行きました
「まま、お出かけなんらね 明るいうちに帰って来てね
「は~い」

お出かけ?行ってらっさい!

おとといの水曜日は完全休日だった紅緒まま、加世田のお友達と知覧へ行きました まずは腹ごしらえ 紅緒ままの住む田舎町にある元工場をそのまま使った食堂『ゆるり』へ。800円で時間制限 なしのバイキング 田舎料理ですが、美味しいと評判で、地元TV でも紹介されました。
ゆるりでランチ♪

紅緒ままの住む川辺町から知覧までは車で10分でしょうか?特攻平和会館のあるあたりまでなら15分です。
知覧町はお茶 と武家屋敷でも有名ですが、この日、紅緒まま達は特攻平和会館へ行きました。

太平洋戦争末期の沖縄戦で爆弾を積んだ飛行機もろとも敵艦に体当たりして、若い命を落とした特別攻撃隊員の遺品、遺影、記録等、貴重な資料を展示して、当時の真情を正しく伝え世界恒久平和を願って作られた平和会館です。

小泉元首相がこの平和会館に訪れ遺影を見、遺書、絶筆を読んで泣いたと言っていたのを覚えています。
紅緒まま、ここには25年ほど前に一度来ています。

遺書では落ち着いて両親への感謝を丁寧な愛情あふれる言葉で書いていた兵隊さんの絶筆「俺が死んだら何人が悲しか!」には思わず、声をあげて泣きそうになってしまいました。

平和会館のそばにある、松林の中に再現された三角兵舎。こうした兵舎で若い兵隊さん達は最後の日々を過ごしたのですね。
三角兵舎

平和会館横の銅像と飛行機
特攻平和会館の庭

あの戦争の事を考えるとき、紅緒ままはどうしても、南の島の激戦地で亡くなった大伯父の事を思い出します。数年前に事情があって骨壷を開けて入っていたのは一握の土だけ
あのような戦争が二度と起こりませんように。

お土産屋さんには鹿児島名物の黒豚さん お家でお留守番のまーちゃん を思い出したのはあの子にはひとつ内密にお願いします
おや、まーちゃん!

「ままぁ、なんか言った??」
スポンサーサイト



© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG