FC2ブログ
ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』どん♪
間諜Mはレースのカーテンの隙間からこちらの様子をうかがっています 目付きも少々するどいでしょうか
「まま、さっきカツオ のお刺身買って来たでしょう?あれ、まさか自分だけ食べないよね
三角お目目 

『おさるのジョージ』の作者ユダヤ系ドイツ人のレイ夫妻の第二次世界大戦中のパリ脱出劇 を描いた『戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ』です。鹿児島市立図書館から借りてきました
 戦争をくぐりぬけたジョージどん
自分達で組み立てた自転車 に最小限の荷物 と『おさるのジョージ』の元になった『フィフィの冒険』他、5冊の絵本の原画を乗せてパリ脱出です その日は雨が降っていました

そうそう、映画 『カサブランカ』でもパリ脱出のためにボガードが駅でバーグマンを待つあのシーン、大降りでしたね。
あれは映画の演出のためではなく、実際にパリ陥落の日には雨が降っていたんですね・・

レイ夫妻は自転車で南フランスまで行き、そこからは電車でスペインへ、そしてポルトガルへ。そこからは船 でブラジルへまず渡り、またまた船 で最終目的地のアメリカ合衆国へ長い長い、レイ夫妻の旅が終わりました。

かわいいこざるのフィフィはとっても知りたがり屋。いっつも面倒を起こすのだけれど、うまく切り抜けて行く・・フランス生まれのかわいいこざるは『ジョージ』と名前を変え、世界中で愛されることになりました


「ジョージ君は最初はフィフィくんってお名前だったんだねあたちも最初はみゆきお姉ちゃんにMartyって付けてもらって、それにままが紅緒って足したんだよ
ジョージくんってフィフィって名前だったんだ! 
そう言えば、満州から敗戦後に船 で引き揚げてきた紅緒ままの今は亡き両親。満州では管制下の中をくぐり抜けたり、ソ連が介入してきてからは、家 の押入れの天袋に隠れて暴徒化した地元民が略奪するのを細く開けた隙間から見ていたそうです あの時代を生きた人たちはほんと大変な苦労や経験をされている方が多いですよね。

昨日のまーちゃん スフィンクスの答えは『ヒト』です。赤ちゃんの時は四つん這いではいはい、成長して二足歩行 老いて、杖を使って歩いて3本足・・ だそうです。まーちゃん スフィンクスなら、答えられなくても焼きカツオ1本 ですみますが、本当のスフィンクス相手に間違うと殺されちゃうそうです。ひょえ~

スポンサーサイト
© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG