ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
アニー・ローリーとアルゼンチンババア (=^・^=)
春巻きさん の書下ろし長編小説『騎士団長殺し』に出てくるスコットランドの代表的な民謡
『アニー・ローリー』がこのところ脳裏から離れない紅緒ままです。

スコットランド中に知られた美人さんだった貴族の娘アニー・ローリーへの切ない恋心を唄った曲。

『騎士団長殺し』の次は女性作家の本です
生徒さんが『ランチのアッコちゃん』『すみれ』などなど7冊ほど貸してくださいました。
その内、4冊ほど読了していちばんのお気に入りはよしもとばななさんの『アルゼンチンババア』20121111171311.jpg

「ままぁ、すごいタイトルじゃない?」

ほんとね
物語の最後に語り部である主人公の女の子にアルゼンチンババアことユリさんが話します。

「どうして人が遺跡を作るのか知ってる?」

「好きな人がいつまでも、死なないで、いつまでも今日が続いてほしいって、そう思ったのよ」
その祈りは永遠に人間が持つはかないものなの・・・そしてきっとはるか上の方から見たらネックレスみたいにきらきらと輝いて、神さえもうらやませひきつけるほどの美しい光の粒なのよ・・・

『好きな人』は『愛する猫ちゃんわんちゃんに換えても・・・

M&P の新しい写真が 撮れてなくてすみません。
「僕たちはままが写真撮ってくれない日もかわいいですはぁ
寝ます!

お姉ちゃんはネズ君をひっくり返してますね
アニーさん?

次は『株式会社ネバーラ北関東支社』を読もうかな?

【アルゼンチンババア・追記
よしもとばななさんの『アルゼンチンババア』は単行本の方には英訳もあるとウィキで調べて判明。
これはぜひとも読まなくてはいけません ⇒善は急げでアマゾンで早速注文でした
「ままぁ、そうやって片づけても片づけても本は増えていくんだね
スポンサーサイト
© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG