FC2ブログ
ビビリの黒猫Marty紅緒と紅緒ままの日記。
page top
プルーストは閉架らったって!
「ままね、鹿児島市立図書館 に行ってプルーストさんとかっていうヒトの本 借りたんだって。」
驚いてるみたい!


先日の記事にも書いた プルーストの『失われた時を求めて』第一巻スワンの恋です。ジェレミー・アイアンズ主演で『スワンの恋』は映画 にもなってるんですよ。
あっさりした装丁だね!

しんごちゃんのママさんのお勧めもあり、ぜひ読みたくなった紅緒まま。でも今はこれまた長編の『源氏物語』 も読んでいる所。「源氏」を読んだ後に挑戦と思っていたのですが・・・・ 水曜日はお友達とランチ の約束。早めに家を出た紅緒ままは図書館へ。植物図鑑やら雑誌を見て時間をつぶしていたのですが、フランス文学の書架が目にとまり キョロキョロ・・・ あれ??バルザックやロマン・ロランの全集はあるのにプルーストは1冊も無い そんなことあるわけない・・と思って図書館入り口横のコンピューター で検索すると、あったあった でも『閉架』になってるぅ こうなると、却って見たくなる、読みたくなるではありませぬか 図書館員さんにお願いして書庫から出してきてもらい借り出しました。

「ままぁ、源氏物語もこのプルーストさんのご本も装丁あっさりだね。」
「名作、大傑作
には何も説明はいらないのかな?」

この日(水曜日)のランチに行った「磯くわはら館」です。建物は明治時代の洋館を移築したもの。プルーストにふさわしく(?)フランス料理です
磯くわはら館 

「ままぁ、お食事マークの後ろにお魚マークも付いてるね。あたちに内緒でお魚も食べたの?」
すごくポッチャリに写ってるよ!

まーちゃんのぽっちゃりお腹、モフモフすると柔らかくて気持ちよいですよ

図書館を利用すると、貸出の時も返却の時も図書館員さんに「ありがとうございます」と言われます。無料で貸していただけて、こちらこそ「ありがとうございます」なんですけど
スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます~
紅緒ままさんは、本当に読書、お好きですね!!
やまさんも、大学時代だけは本当によく読んだのですが・・・
今は相変わらず”ジョブズ”を読んでるのですが、一向に進まず(苦笑)、、、
あっ、まーちゃんにお刺身をプレゼントしてあげたい気分(笑)!
ではまた~
やまさん | URL | 2012/04/06/Fri 07:15 [編集]
館・・・
キャッツアイのまーちゃん、今日ももじょもじょね~♪
ここ数年、○○館の付くところに出かけていないな~。
図書館、映画館、美術館・・・目の保養、頭の活性化に足を向けるようにしたいです。
「磯くわはら館」趣のある洋館ですね~。おフランス料理なのですね♪
あっ本当だ~お魚マークが付いていますね。
美味しいお魚料理だったのね♪
陽だまり堂 | URL | 2012/04/06/Fri 08:08 [編集]
源氏物語を読んでいるのに更にですかぁ~ しんごのママさんオススメの本あって良かったですね そうなのね。装丁にまで拘るんだ……。 読書家さんは 物知りですし心の広い方が多いですね。 紅緒ままさんや M先生のように

まーちゃん どうしたの~ お目目がキラキラしてお日さまみたい
ゴロリンのお腹が あぁ~可愛すぎでしょう モフモフした~い
フランス料理、美味しかったですか まーちゃんにバレてしまいましたね。 ままさん、カツオ1匹 まーちゃんにプレゼントしてあげましょうね。
| URL | 2012/04/06/Fri 09:55 [編集]
まんまるお目目のまーちゃん、何を見ているのかしら。 もしかしたら私に目を合わせたのかな、うれしい~~。 お腹をモフモフしちゃいましょうね。

読書は‘心の糧’って言われていますよね。若い頃は活字さえ追っていれば幸せと思っていたのに、最近はなかなか集中できません。
よーこ | URL | 2012/04/06/Fri 10:08 [編集]
珠様
このプルーストの「失われた時を求めてi-223」は私の借りた新潮社版の他に岩波のやらあったのですが、すべて閉架だったので・・比べることはできずに、借りてきました。
あっ、図書館員さんに出してもらえばいいのだけど、遠慮深い性格なのでi-235
カツオi-276美味しいですよね。食べたくなりましたi-175
あっ、まーちゃんi-101用でしたねi-229i-193
紅緒まま | URL | 2012/04/06/Fri 11:57 [編集]
よーこ様
最近、朝はまーちゃんi-101の「猫草i-265早くちょーだいi-184」の声で起こされてます。鉢を家の中に置いておくと、まーちゃんがいつも倒して部屋の中が土だらけになるので外に出しているんです。耳元で眠ってるときに「みゃーi-185」とされると驚く時があります。

本は若いころは良く読んでいて、そのあと、読まない時期もあったのですが、また最近、読むようになってますi-70
紅緒まま | URL | 2012/04/06/Fri 12:02 [編集]
読書好きな紅緒ままは図書館の人にも顔を覚えられてるのではないでしょうかi-184
ブルーストと聞いてブラームスを思い出すのは私だけでしょうかe-330
今新しく購入した電子辞書に入っている日本文学作品1000の中から選んで暇つぶしにたまに読んでいるのが
「吾輩は猫である」v-283です
2000ページ以上もあるので最後まで読みとおせるか疑問ですがi-230

ぶーちゃんなど | URL | 2012/04/06/Fri 12:30 [編集]
ぶーちゃんまま様
川辺町図書室i-70では顔を覚えられてるみたいですが、鴨池は利用者も図書館員さん達もたくさんだから覚えられてないんじゃないかな?鴨池の方は知った顔に会う事はありますよi-236
ブラームスと言えば、あの城山の喫茶店を私は思い出しますi-51i-269
あそこのチョコレイトケーキ美味しいよねi-277i-175
紅緒まま | URL | 2012/04/06/Fri 13:15 [編集]
図書館
無料に貸してくれるのに「ありがとう」ね、ほんとこっちこそお礼を言いたいところですよね(^_-)-☆
昔、役所役所していた頃(!)、けっこうでっかい態度の人がおりました(~_~;)
「本を返却するならバーコードを係員に見せやすい方向に本を置け」みたいな。。
ま、それのほうが親切には間違いはないのですけども。最近はまったくそんな人はおりませんで、嬉しいのですが、あの尊大さんはどこにいってしまったのか気になるところです。。

お!私もすごいな。。作者を聞いてすぐに「失われたとき・・」と反応できましたもん♪
でも、紅緒ままのほうがもっとすごい!!
読もうとする意欲あるだけすごい!!
私、たぶんナイトキャップにこの本はなってしまうと思うの(笑)
みいはあ | URL | 2012/04/06/Fri 13:45 [編集]
紅緒ままさんはジャンルに関わらず、本当にいろんな本を
読んでいるんですね。 尊敬です!!

私も最近図書館をよく利用します。 もっぱら趣味の本や
実用書なんかで、こういった正統派の文学にもちゃんと
親しまなきゃ・・・・とは思うのですが(^_^;)
yumi-gino | URL | 2012/04/06/Fri 18:27 [編集]
図書館で借りてこられたんですね。
まーちゃんと、一緒に、読書タイム楽しんでくださいませ。
美味しいお食事もいいですね。
まーちゃんも、おやつもらえたかな?
しばシマイ | URL | 2012/04/06/Fri 22:09 [編集]
わぁ~!!いちばんお終いの写真、私の好みですよ~♪
まーちゃんのお腹(ぽんぽ)もふもふしたいよ~(^-^)!!
プルーストの本、頑張って読んでね~(^^ゞ
私なんて、プルーストがフランス文学か、ドイツ文学かも忘れてるっ(汗)
学生時代は、私もずいぶん図書館のお世話になったけど、
図書館利用時は、コチラが「お願いします」「ありがとうございました」で、
係員さんは、いつも「はい!」「どうぞ!」でした(笑)
そちらの図書館は、ずいぶんていねいな物言いなのね~♪
リサ・ママ | URL | 2012/04/06/Fri 22:53 [編集]
こんばんは。
1枚目のまーちゃんはどこを見てるのかな?
図書館で本を借りなくなりました。
猫ちゃんの公園の横にあるのですけどね。
まーちゃんのお腹をマウスでなでなでさせてもらいましたよ。
sskショー | URL | 2012/04/06/Fri 22:53 [編集]
ありがとう
紅緒ままさんは、とっても読書好き
羨ましいです・・ユーミンは、あれもこれも手をだして
いったい何がしたいんだか今だに定まらない人生です
まーちゃん、今夜はお魚のおすそ分けが、有ったかな?
コロリンがとっても可愛いな~
ユーミン | URL | 2012/04/06/Fri 23:23 [編集]
まーちゃん・・びっくり顔ですね。
何かあったの?
この訳本はちょっと古いタイプのかな?
私は筑摩書房から出た井上究一郎のものに
思い出があって持っています。
今度新しく出始めたのもあり、
そのうち購入しようかと思っています。
最初の出だしは幼少時代の田舎の描写で
なれないうちは読むのが大変かも・・
ドンドン後半になっていくと、それで、それで・・と
なっていくと思いますよ。

図書館員さんも熱心な借り手がいればうれしいものでしょう。
頑張ってくださいね。
しんごのママ | URL | 2012/04/07/Sat 00:02 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 黒猫マーティ 「はちきんへの道」. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG